認証具体的手順

(一)文書認証の手続き

中国国民と外国国民が文書認証をおこなう場合には、以下の手続きを完成しなければなりません。

1.日本で発行された非公的文書、例えば宣誓書、声明書、委托書など、あるいは日本で発行された公的文書、例えば結婚証明書、出生証明書、無犯罪記録などは、先に日本外務省で関連文書の認証をおこなってください。

2.日本の外務省で認証をおこなった文書をビザ申請センターに持って行き領事認証の申請をしてください。

 

(二)注意事項

1.領事認証を申請する文書は必ず一件ごとに一つの証明をおこない、ひとつの文書でたくさんの事情を証明したり、無関係な文書を間にはさんだ公証書類には認証が与えられません。

2.中国国内で発行された文書(例えばパスポート、会社登記書類など)には認証が与えられません。

3.文書内容が中国の法律規定にそぐわない公証書には認証が与えられません。

4.国際慣習と中国の関連規定によって、認証は日本外務省の関係官僚の署名と印章の真正性を認証するのみであり、認証された文書の内容に対して責任を負いません。

5.公証員が公証し、また日本外務省と中国側が認証をおこなった文書は、コピーなどの理由で切り離したりしてはなりません。それによって起こる問題、更には法的責任は、当事者がすべて責任を負うものとします。

 

(三)申請材料

中国と外国の国民が文書認証を申請する場合には、以下の書類を提出してください。
1、記入済み<認証申請表> (代理申請の場合でも申請者署名が必要です)

2、申請者の有効なパスポート原本と写真ページのコピー(あるいは有効な日本免許原本と両面コピー)

3、代理人による申請の場合:申請者の有効なパスポートの写真ページコピー(あるいは有効な日本免許の両面コピー)と代理人の有効なパスポート原本と写真ページコピー(あるいは有効な日本免許原本と両面コピー)

4、代理人による申請の場合:個人の場合、サインと印鑑捺印した委任状原本。会社の場合、代表者のサインと会社印捺印した委任状原本。

5、日本の外務省で認証した書類原本とコピー開封無効書類はコピー必要なし

6、領事館員が申請に必要と判断したその他の証明書類。

  注意:外務省認証後3ヶ月以内の書類に対して認証。

※ 注意:止め具(ホッチキス等)をはずしてはならない。

※ 注意:違法な内容がある文章、無効な文章に関しては認証を行いません。認証する書類が中国語、日本語以外の場合には、中国語あるいは日本語の訳文を提出してください。